PERFORMANCE

20~30代を中心に多くの方にご利用いただいています。

※1 2018年8月31日時点の運用者数
※2 2018年8月31日時点の積立利用者の平均額
※3 2018年8月31日時点の口座開設時のアンケートで「ほとんどない」「ある程度ある」と答えた方

「とりあえず、円預金。」
THEOは、そんな常識を変える。

1つの国の1つの資産に偏った「円預金」から、
世界の資産にバランスされた「分散投資」へ。
THEOは、テクノロジーを活用することで、
誰もが、時間や手間をかけることなく、
合理的な資産運用を行うことができるサービスです。

※ 上記は、シミュレーションされた過去のTHEOのパフォーマンス*1をベースに、未来のTHEOのパフォーマンスをシミュレーションしたものです。THEOの実際のパフォーマンスではありません。
※ シミュレーションの対象のポートフォリオは、2018年7月時点で、35歳、就業中、金融資産500万円のユーザーのおまかせ運用のポートフォリオです。その資産配分はグロース59%、インカム30%、インフレヘッジ11%となっています。初回入金は50万円、毎月3万円の積立を10年間継続、リバランスは月次で実施、配当は権利落ち日に再投資、運用報酬(年率・税込み1.08%)は月次のリバランス時に控除との前提でシミュレーションされています。また、月次のリバランスにおいて目標ウエイトとの乖離がないことを前提に計算されています。なお、税金その他取引手数料等は控除されていませんのでご注意ください。
※ 想定される運用資産額の分布は、95.45%の確率(2標準偏差)で10年間のリターンが収まる範囲を示しています。期待リターンと共分散は2018年7月のものです。
※ 定期預金については、2018年8月8日日本銀行公表の10年定期預金(300万円未満)の平均年利率0.17を使用し、同じ利率が10年間継続したと仮定し、1か月複利、税金控除前で計算されています。なお、簡便な方法により計算しているため、結果は概算値であり、実際のお取引結果と異なる場合があります。
※ これらは、将来の運用成果・市場環境を示唆・保証するものではありません。
*1 過去のパフォーマンスは、THEOの運用手法に基づき、組入れETFの過去の市場価格データ(市場価格データが入手不可の場合には、最適と考えられるインデックスデータで代替)を使用し、配当金再投資及び運用報酬(年率、税込1.08%)控除後の条件でシミュレーションしたものです。また、月次のリバランスにおいて目標ウエイトとの乖離がないことを前提に計算されています。なお、税金その他取引手数料等は控除されていません。

※ 上記は、シミュレーションされた過去のTHEOのパフォーマンス*1をベースに、未来のTHEOのパフォーマンスをシミュレーションしたものです。THEOの実際のパフォーマンスではありません。
※ シミュレーションの対象のポートフォリオは、2018年7月時点で、35歳、就業中、金融資産500万円のユーザーのおまかせ運用のポートフォリオです。その資産配分はグロース59%、インカム30%、インフレヘッジ11%となっています。初回入金は50万円、毎月3万円の積立を10年間継続、リバランスは月次で実施、配当は権利落ち日に再投資、運用報酬(年率・税込み1.08%)は月次のリバランス時に控除との前提でシミュレーションされています。また、月次のリバランスにおいて目標ウエイトとの乖離がないことを前提に計算されています。なお、税金その他取引手数料等は控除されていませんのでご注意ください。
※ 想定される運用資産額の分布は、95.45%の確率(2標準偏差)で10年間のリターンが収まる範囲を示しています。期待リターンと共分散は2018年7月のものです。
※ 定期預金については、2018年8月8日日本銀行公表の10年定期預金(300万円未満)の平均年利率0.17を使用し、同じ利率が10年間継続したと仮定し、1か月複利、税金控除前で計算されています。なお、簡便な方法により計算しているため、結果は概算値であり、実際のお取引結果と異なる場合があります。
※ これらは、将来の運用成果・市場環境を示唆・保証するものではありません。
*1 過去のパフォーマンスは、THEOの運用手法に基づき、組入れETFの過去の市場価格データ(市場価格データが入手不可の場合には、最適と考えられるインデックスデータで代替)を使用し、配当金再投資及び運用報酬(年率、税込1.08%)控除後の条件でシミュレーションしたものです。また、月次のリバランスにおいて目標ウエイトとの乖離がないことを前提に計算されています。なお、税金その他取引手数料等は控除されていません。

低コストで気軽にスタート

※投資一任運用サービスTHEOに係る手数料等及びリスクについて

投資のエキスパートが磨き続ける
運用アルゴリズム

加藤 康之

アカデミック・アドバイザー
京都大学大学院特定教授

東京工業大学大学院修士卒業、京都大学博士。
1980年、野村総合研究所入社。ニューヨーク、ロンドン拠点の金融工学部門を経て、東京のシステムサイエンス部長。1997年から野村證券(株)に転籍、金融工学研究センター長、フィデューシャリーサービス研究センター長。2005年から野村證券(株)執行役。2011年4月から京都大学大学院経営管理研究部 教授(専門は投資理論、金融工学)、2015年5月から同特定教授。2016年5月から年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)運用委員。

スチュワートボックス マット

Deputy COO

イギリス出身、ケンブリッジ大学数学修士。1999年、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・ジャパン)に入社。2009年マネージング・ディレクター。科学的アクティブ株式運用部門にて、日本株式の銘柄選択モデルの開発・運用及び株式定量運用(クォンツ)全般を統括。現在、東京大学大学院経済研究科にて日本経済の研究も行う。

シュライバー マルコム

資産運用部長

コロンビア大学(NY)学士(応用数学) (1990年) 同大学修士学位(応用物理学)(1991年)1997年野村IBJグローバルインベストメントアドバイザー入社。ファンドオブファンズにおけるクオンツ分析グループ・マネージャー・セレクション及びリスク管理を統括。2002年あすかアセットマネジメント株式会社入社。2006年MU 投資顧問株式会社(MUFGグループ) 入社、相対価値金利アービトラージファンドを設計、開発し、運用の責任者となる。

東海林 紘

クオンツ

京都大学理学部理学科卒業。 東京大学大学院数理科学研究科修士(数理科学)。 専攻は確率論。リーマン・ブラザーズ証券、野村證券、UBS証券にてデリバティブのモデリングに従事。 金利為替ハイブリッドモデルの開発責任者 金利エキゾチックモデルの中心開発者としてモデル開発に携わる。 趣味はウインドサーフィン、特技はピアノ。

1
STEP 1

最短3分、無料で口座開設。

口座開設はオンラインですべて完結。
必要なのは、たった3分と、
マイナンバー・本人確認書類のみ。

無料でTHEOを体験
2
STEP 2

プランを確認、カスタマイズ

年齢や金融資産額などに基づき、
THEOがあなたに適したプランを提示。
ご自身でカスタマイズすることも可能です。

無料でTHEOを体験
3
STEP 3

あとは、入金するだけ。

最短2営業日で口座開設が完了。
入金後まもなく、
資産運用がはじまります。

無料でTHEOを体験

PERFORMANCE

20~30代を中心に多くの方にご利用いただいています。

※1 2018年8月31日時点の運用者数
※2 2018年8月31日時点の積立利用者の平均額
※3 2018年8月31日時点の口座開設時のアンケートで「ほとんどない」「ある程度ある」と答えた方

低コストで気軽にスタート

※投資一任運用サービスTHEOに係る手数料等及びリスクについて

STORY THEOに込めた想い

画家 ヴィンセント·ファン·ゴッホ。

その生涯は苦難の連続だった。
描く作品は、売れなかった。
売れるどころか、非難や罵倒を浴びた。

それでも表現を追求し続ける彼を信じ、
資金面から支えつづけた人物がいた。
弟のテオだった。

「お金」を通じて、
自分らしい生き方を支えたテオ。

私たちも、テクノロジーを駆使することで、
すべての人にとっての”テオ”になれないか。
そんな想いから、新たなサービスを
「THEO [テオ]」と名付け、
スタートさせたのです。

既存の証券会社は敷居が高いと感じていた人たちを、イノベーションの力が振り向かせた。

手数料は運用資産額に対して年1%で、証券会社の投資一任サービス「ラップ口座」の2〜3%と比べると割安とは言える。投資の手軽な入り口となるだろう。

THEOがユニークなのは、ポートフォリオ理論に基づくロボアドバイザーでありながら、ユーザー視点を強く打ち出している点だ。

STEP 1

最短3分、
無料で口座開設。

口座開設はオンラインですべて完結。
必要なのは、たった3分と、
マイナンバー・本人確認書類のみ。

無料でTHEOを体験
2 プランを確認、カスタマイズ
STEP 2

プランを確認、
カスタマイズ

年齢や金融資産額などに基づき、
THEOがあなたに適したプランを提示。
ご自身でカスタマイズすることも可能です。

無料でTHEOを体験
3 あとは、入金するだけ。
STEP 3

あとは、
入金するだけ。

最短2営業日で口座開設が完了。
入金後まもなく、
資産運用がはじまります。

無料でTHEOを体験

Q1 どういう人が向いているの?

THEOは預金に代わる新しい選択肢*1 を目指しています。
口座に眠らせているお金、あるいは毎月の貯金を、円預金で貯める代わりにTHEOで運用していただきたいと考えています。

THEOの運用手法は、世界の経済成長率と同程度の期待リターンを狙う「グローバル分散投資」。1年で資産が倍になるような大きいリターンは狙えませんが、リスクを分散しつつ安定した収益を狙える特徴があります。預金に代わる新しい選択肢にふさわしい運用手法だと考えています。

資産運用が初めての方には不安があるかもしれません。まずは少額からはじめていただき、円預金のまま眠らせていては得られない世界経済の成長をみなさまの資産形成に取り入れていただければと思います。

*1 THEOは預金ではありません。元本保証するものではありません。

Q2 THEOの「リスク」について
しっかり理解したいです。

ご心配なのは「元本割れリスク」ではないでしょうか。

THEOは元本保証の商品ではありません。私たちは運用にベストを尽くしますが、元本割れしないと申し上げることはできません。
グローバル分散投資は、世界のどこかで産まれる次の成長エンジンとつながる仕組みです。世界中のさまざまな資産に分散投資をすると、リスク分散の効果に加えて、どこかで産まれる次の成長エンジンとつながることができます。世界経済はこの20年間で年平均4.8%の成長を実現しており、大きなマイナスとなったのはリーマンショック後の2009年とチャイナショックが起こった2015年のみです。

THEOは徹底した国際分散ポートフォリオによる運用を磨き続けて参ります。お客さまには、THEOがご提案する長期間に亘る運用継続、さらにTHEO積立による時間分散をしていただくことで、グローバル分散の効果を最も発揮できる運用をともに実現し、ご一緒に長期的な資産形成を目指してゆきたいと考えています。

Q3 THEOの自動運用について
教えてください。

お客さまにお願いしたいのは、オンラインからTHEOの口座を開設し、口座への入金を済ませること。その後はTHEOが自動運用いたします。

はじめにTHEOはお客さま一人ひとりに適した資産配分になるようETFを買い付けます。ETFには値動きがあるため、保有を続けるうちに買い付け当初の資産配分からズレが生じます。そこで、月に一度、変化してしまった資産配分を当初の割合に戻すように売買し、お客さまのポートフォリオを適切な状態に保ちます。(これを「リバランス」と言います)

これがTHEOの自動運用の概略です。私たちは、お客さまの資産をより効果的に運用するため、継続的に運用アルゴリズムの改善に取り組んで参ります。

Q4 はじめるタイミングを
悩んでいます。

資産運用はできることなら安値なタイミングではじめたいものです。しかし、どのタイミングが安価だったのかは、プロでも振り返ってみないと分かりません。

初めるタイミングにお悩みの方には、運用資金を何度かにわけて入金することをおすすめします。購入単価が平準化されるため、最安値を狙うことはできませんが、高値を避けることができます。なにより、「もっと安くなるかもしれない」「もっと高くなるかもしれない」といった心配をすることなく、資産運用をはじめることができます。

THEOには毎月決まった金額を自動入金できるサービス(THEO積立)もございますので、どうぞご利用ください。

無料でTHEOを体験