「みんなで社会を育む!」THEOグリーンを選んで、地球や社会にいいことを!

おまかせ資産運⽤のTHEOに、ポートフォリオの一部をESG関連ETFに変更できる機能『THEOグリーン』ができました。資産運用を通じて「社会にいいこと」を。資産運⽤を続けながら、⼿軽に社会的な課題解決に貢献することが可能です。

※THEOグリーンは「THEO」「THEO+ docomo」ご利用の方のみの機能です。

ESG投資で、
「地球や社会にいいこと」を。about

ESG投資とは

ESG(イーエスジー)投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に取り組んでいるかの評価軸で企業を選び投資する投資手法です。 例えば、クリーンエネルギーを使⽤してCO2の排出量を削減している、地域の新規雇⽤で地域経済を活性化させている、より良い会社になるためのルール作りを積極的に⾏っているといった企業に投資をします。企業は、これまでのように自然環境や社会に負荷をかけて成長していくのではなく「持続可能な社会」を目指し環境や社会の課題に配慮するビジネスを行うことが必要となってきています。

ESG投資のメリット

ESG投資のメリットは、2つのリターンを受け取れることです。 1つ⽬は社会的なリターンです。ESGの観点で選んだ企業は、⾃然環境や社会に貢献しているため、投資家は投資した企業を通じてSDGsの達成といった社会貢献に参加できます。 2つ⽬は経済的なリターンです。 ESGの評価が⾼い企業は、社会的な課題を解決する企業ということで、⻑い期間をかけて、企業価値が⾼まっていくことが期待できます。企業価値が高まっていけば、⻑期的には、株価上昇や配当⾦の受け取りにより、経済的なリターンを得ることも期待できます。

世界のESG投資の市場規模

世界のESG投資額は、拡大を続けています。
世界持続的投資連合(GSIA)の調査結果によると、2020年の世界のESG投資額は35.3兆ドル(約3900兆円)となり、2016年と比較すると55%増、2018年と比較すると15%増となりました。欧州における投資額は、ESG基準の厳格化の影響もあり伸び悩みましたが、米国や日本においては、大幅に増加し、グローバル全体で全運用資産に占めるESGの比率は35.9%となりました。

SDGsとESG投資の関係

国連が2015年に採択したSDGs(持続可能な開発目標)は、2030年までに気候変動対策や貧困の撲滅、格差の是正など国際社会に共通する17の目標が達成されることを目指しています。SDGsが設定する目標を経営戦略に組み込み、事業活動に生かす企業も増えてきました。私たちはESG投資をすることで、SDGsへの取り組みに参加しているとも言えるのです。

ESG投資は、経済的利益を⽬指すだけでなく、
社会のあり⽅に影響を与えることができる点で、
注目が高まっています。

THEOグリーンの
ポイントPoint

POINT 01

THEOに追加された
新機能

診断結果に基づき231通りの中からお客さま専用のポートフォリオを提供するTHEOに追加された新機能。ログイン後に、環境・社会貢献に参加できる「THEOグリーン」モードが選択できます。

POINT 02

グロースポートフォリオをESG関連の株式ETFで構成

THEOの機能ポートフォリオ「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」のうち、株式を中心とした「グロースポートフォリオ」がESG関連の株式ETFに。複数のESG関連ETFを通して、広範なESG関連企業に投資できます。

POINT 03

年10回までマイページで
モード切り替えが可能

「THEOグリーン」モードへの切り替えは、マイページからお客さまがご自身で選択できます。通常モードに戻したり、再び選択したりと年10回まで切り替えが可能です。

THEOグリーンの設定方法

Step01

アプリの場合、「マイページ」資産運用方針の「Webから運用方針設定」をタップ

Step02

「THEOグリーンモード設定」のボタンをONにする

Step03

確認画面で「THEOグリーンを選択」をタップ

Step04

ポートフォリオがTHEOグリーンモードに変わります

※スマートフォンブラウザの場合 右上の[≡]から[資産運用方針]を選択し設定に進みます。
(PCブラウザの場合は上部メニューの「運用状況」から「資産運用方針」を選択。)

あなたの投資が社会的課題解決への
貢献につながります。

THEOグリーンを選択すると、複数のESG関連の株式ETFに分散投資されるため、投資を続けながら、社会的な課題解決に貢献することを⽬指すことができます。エコ活動、社会貢献、サステナブルな取り組みなどに興味のある⽅におすすめです。

でおまかせ資産運用をはじめよう

THEOは、資産運用のプロがアルゴリズムと機能を監修したおまかせ資産運用サービスです。

231通りの中からあなた専用のポートフォリオで運用。徹底的な分散投資を行うことでリスク低減を図っています。

THEOの仕組み

THEOグリーンをスタート

運用中の方

THEO
ログイン

THEO+ docomo
ログイン

はじめての方

THEO
はじめる

THEO+ docomo
はじめる

ESG投資研究の第一人者で、お金のデザインアカデミックアドバイザー加藤康之教授

(京都先端科学大学教授/京都大学客員教授)などによるESG投資関連記事

THEO[テオ]関連資料

よくあるご質問Faq

なぜ「THEOグリーン」が誕生したのですか?

国や地域を超えた環境汚染、地球温暖化等の解決は、人々が健康で幸せに生きていくための世界を維持するために真剣に取り組むべき課題です。

当社では、未来の環境が健全であることを願うお客さまに、資産運用を通じて持続可能な社会の実現に貢献できる仕組みをご提供したいと考え、THEOグリーンの提供に至りました。

「THEOグリーン」を選択すると、選択しなかった場合と比較して何が異なるのですか?
THEOの機能ポートフォリオ「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」のうち、株式を中心とした「グロースポートフォリオ」の中身が異なります。THEOグリーンを選択すると、グロースポートフォリオの株式ETFがESG関連の銘柄に変更されます。そのため、資産運用を行ないながら、手軽に社会的な課題解決に参加することができます。
「THEOグリーン」ではどのようなETFに投資するのですか?

グロースポートフォリオにおいて、主に、ESG関連の株式ETFに投資を行います。

ESG関連の株式ETFとは、環境・社会・企業統治に配慮している企業を中心に投資を行うことを投資方針として定めているETFのことです。

日本におけるESG投資はどのような状況になっていますか?

ESG投資は、米国や欧州で先行して拡大しましたが、日本においても、近年、急速に広がりを見せています。

世界最大級の機関投資家である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2015年に国連責任投資原則(PRI)の署名したことなどをきっかけに、日本における機関投資家の間でESG投資に対する意識が高まり、個人投資家の間でもESG関連の投資信託の残高が急速に伸びています。

THEO+ を利用中ですが、THEOグリーンの設定はできますか?
THEOグリーンの機能は「THEO」「THEO+ docomo」の方のみご利用いただけます。

よくあるご質問

注意事項

  • 当機能は事前の予告なしに中止・変更される場合があります。
  • THEOグリーンにおいて、環境・社会・企業統治に配慮している企業を中心に投資を行うことを投資方針として定めているETFでなくても、評価機関のESGスコアが相対的に高いETFに投資を行う場合があります。
  • 運用状況や組入資産の市場規模等を勘案し、THEOグリーンモードへの選択切り替えを停止することがあります。

THEOグリーンをスタート

運用中の方

THEO
ログイン

THEO+ docomo
ログイン

はじめての方

THEO
はじめる

THEO+ docomo
はじめる